深夜24時の皿洗い

月の後半は仕事の締切に追いたてられる日々で、結果残業続きでどうしても家事が滞る傾向にある。
帰宅しても"最低限これだけはやっておかねば"タスクが待ち構えていて、玄関を開ける時の鍵の音はさながら「第2ラウンドー‼」のゴングのように聞こえる。

貧乏暇無しって本当イヤだ。

そこに来て、いつも飲んでいるPDの薬の副作用が「眠気、筋弛緩」なので、時々夕食後に睡魔に襲われリビングで行き倒れたり家事の途中で寝落ちしたりする。
...で、「今、何時?!」と飛び起きたりする。

理想は「1日休養、1日教養」だけど、今はそういう過ごし方と程遠く「2日とも休養」な週末がもう何週間も続いている。

今週もご多分に漏れず、になりそうだ。

近づく台風、休日明けの仕事のこと、お金(家計)のこと、何より自分の体調がすぐれないこと...
「なんとかなるよ」とポジティブにもっていきたいところだけど、何をするにもめんどくさいなぁ、休日くらい家事休ませてくれよ、なんだかとっても眠いんだ...とずるずるだらだらしていたが、現実問題誰かがやってくれる訳でもなく、タイトルに戻る。

生きている限り、食べるしその結果片付けもしないとダメだし仕方ないけど...
皿洗いにも自分なりに譲れないこだわりがあって、人には任せられないし、あいにく食洗機を置くスペースが充分に無いので自分がやるしかない。

日付が変わる頃に皿を洗ってすすぐ、その流れる水の音がどうにも自分にとっては何故か貧乏臭くて嫌で、いつもイヤホンで音楽を聴きながら(時には歌いながら)その時間をやり過ごす。

「今日もなんだかうまくこなせなかった...何で1日は24時間しかないんだろう?」とうなだれてみても何も変わらない。
効率の良い時間の使い方をせねばとは思うけど、急かされる感じが発作を引き起こしそうでたまらなく嫌で、自分を甘やかしてしまう。

でも今日のところは、うまくできなかった自分を許して一晩寝てネガティブ思考をリセットしよう。

そうじゃなきゃやってられへんわ。