PDなのに鉄分不足で困ってる話

※ここで言う鉄分はFeではないので、その点誤解無きよう。

毎日通勤で電車には乗っている。
でもそれで満足してるわけじゃなくて‼

あぁ今日は梅小路公園に行きたい。
というより行きたかった。
でも先約があって、行けない。
先約入れた自分、バカヤロウだ...

京都鉄道博物館ではトワイライトエクスプレス瑞風運行開始から1周年ということで、新旧トワイライトエクスプレスを特別に並べて展示してるらしい。
そのお顔を拝みたい...

本来自分は属性的には調べ鉄だけど、それもまだ"見習い"レベル。
ダイヤグラムや路線図、時刻表が好物。

でも厳密にはカテゴライズせず、乗るのも見るのも、車窓を眺めるのも、車掌さんのアナウンスを聴き比べるのも大好きで、車両工場見学に行った日にはパンタグラフが、がっしゃんがっしゃん上下してるのなんて永遠に見ていられる。

それから、我ながら気持ち悪いかもとも思うし、完全に余談で、理解ある同志はいないと思うけど...と一応断りを入れるが、運転がとても上手くて乗り心地がいいときには「この運転手さんなら抱かれてもいい」と思うことがある。

で、タイトルに戻る。
だって、通勤で電車に乗るって基本一人行動且つ時間に余裕がない。
PDもちで、つい回避行動で目をつぶってしまっているから車窓なんて楽しめないし(本当は海沿いを走る路線なのでとてもとてもきれいなのに)、一刻も早く降りたい、そうでなければ座らせてくれ、吐きそう、JKのお喋りうるさい、一体何の修行?と毎朝電車に乗ること=つらさしかない。

PDになる前とは雲泥の差。
普通にできてたことが突然できなくなるばかりか、足枷になるなんて。

で、話は少し戻って。
父の通夜で語り合っていた時、叔父の一人も鉄っちゃんで仕事もその業界だと判明し、何年も没交渉だったにも関わらず、瑞風の話でしばし盛り上がったということがあった。

いつか、瑞風の全ルートを制覇をしたいと思っているから、これでまた死ねない理由ができたな。なんて思った。