PDとつきあってもうすぐ1年

PD...Panic disorder(パニック障害)。
発症から間もなく1年になる。

通院と服薬で何とか持ちこたえているけど、どうしても"広場恐怖"と"予期不安"が克服できない。

発症の原因に思い当たることはあるものの、なってしまったものは仕方ないと受け入れたあの日から、もがいても、もがいても、それでも完治の兆しはない。

Dr.から「適度な緊張感は必要」と言われたのと、仕事でもなんでも良いので「どこかに所属していること」に重きを置く性分なので、発症してからも仕事は辞めず続けているけど、朝の通勤電車そのものが苦痛で仕方がない。
それでも何とか職場に着いてしまえば、仕事中に発作が出ることはほぼなく、自分自身パニック障害もちであることを忘れているくらいだから「本当にパニック障害?誤診じゃないの?」と何となくもやもやしている。

こういう症状は経験したことのない人にはなかなか理解できない症状なので、一部の理解ある友人と家族にしか伝えていないし、今後も伝える気はない。

「ヘルプマーク」を鞄にぶら下げるほどの重度ではないけど、あの混雑した電車での通勤は、心身とも本当に消耗してしまう。特に睡眠不足だったり、心配事がなかなか解消されない日々が続いていたりすると顕著で、電車がホームに入って来るときに、ふらふらと吸い込まれそうになるのが怖い。

これからの高温多湿な時期は、ただでさえ不快指数が上昇するのに、乗りきれるのだろうか...
あぁまた一週間が始まる。