迷い(現在進行形)

今さらだけど、ブログを始めるにあたって一番悩んだことを。

"自分の属性をどこまでさらすか?"について。

リアルで知り合いなら説明不要かも知れないが、それでもギリギリ引かれないような話題にする必要がある。
なのでFacebookはやってない。
Instagramもキラキラさせなきゃ感が面倒くさい。←これは余談やね。好きでやってる人ごめんなさい。

性別・世代・職業等々さらせば、似た者同士で楽しいかも知れない。
でもフィルターがかかってしまうのも予想できるので、そうなると書きづらい。

まぁそのうちぼんやりと「素性」がにじみ出てくるんではないかな。

持ち前の「熱しやすく冷めやすい」に、ブログへのベクトルをへし折られさえしなければ笑

よく覚えとけ‼って言いたい(けど言えない...)

職場で唐突に「大丈夫?」と訊かれた。
ただ黙々と粛々と仕事してただけなのに。
自分はいったいどんなオーラを出してたんだ?!
否、逆に存在感が無さすぎたのか?!

その時はとりあえず「大丈夫です」と答えた。

でも覚えておいてほしい。
回答の仕方、置かれてる状況、心理状態によっては真実とは違うことを。

例えば「大丈夫です」と答えた場合→実は全然大丈夫じゃない(場合もある)。
例えば「何が?(何のこと?)」と答えた場合→本当に大丈夫。

これについては以前ネットで見て「そんなもんかねぇ」と思ってたが、やっぱりそうだった。
ネットで見たのは、いじめに遭ってる子供に対する質問と答Ver.だったが。

実際、今の自分は全っ然大丈夫じゃない。

引き継ぎ一切なしで、マニュアルがポンと机に置いてあった机で4月から現在まで、(事務取扱いの仕方がころころ変わることで)大小様々なミスをしながらも頑張ってきたのに、ここのところ何故だか心が折れつつある。
業務内容が特殊過ぎて、ガラパゴス社員な現状(に気づいてしまったこと)も危機感に拍車をかけている。
閉塞感たっぷりの人間関係、つぶしが利かない「今後どうするよ?」な焦り...

就活していた友人の「就職先決定!」の吉報に触れた時、自分にももっと違う人生があったかも...と自身を見つめ直した。

そんな"絶賛グルグル、ざわざわ中"なので、それを一言で表せる訳もなく...
その結果の「大丈夫です」だった。

「大丈夫です」全てが大丈夫なわけではないことを知っておいてほしい。

良いニュースと悪いニュースがあるんだが、どっちを先に聞きたい? そんな日だった。

どっちが先?と尋ねておきながら、独断で良いニュースから。

【自分にとっては良いニュース】
お盆は電車が休日ダイヤになるのを、随分前からインプットしてあったのに、今日がその日に該当すると気づいたのが、起床してしばらく経ってから。

Yahoo!乗り換えで調べたら中途半端な(要は途中までしか表示されてないっていう...バグ?)結果で「なんじゃこりゃぁぁ」ってなりはしたけど、いつもよりなんとなく余裕もって行けそうな乗り継ぎ。

"PDの発作が起きないように"とビクビクするより、いつもと違う乗り換え方に、むしろダンジョン感でワクワクしてるうちに、職場の最寄り駅に到着した。

実はこんなことは滅多にない。
たいてい充分余裕を持って家を出たとしても「これ遅刻しない?大丈夫?」がグルグル頭のなかを巡って「あぁ気持ち悪い。心臓バクバクする。今すぐ降りたいー」のループだから。

でも今朝はダイヤが違うおかげで、いつもは見かけない相互乗り入れの会社の車両が見られたりしたのでなかなかよかった。

それから、古巣の知り合いからランチのお誘いがあり、ちょうど「今ごろどうしてるかな」と気になってたのでちょっぴり嬉しかった。

【自分にとっては悪いニュース】
今の職場はいわゆる"カレンダー通り"の休日で、世間様がお盆休み~♪ってなってても関係ない。
でも今年は新盆なので、ど平日の8/15に休むことだけは死守した。

しかし、"ついでにもう一日"と連休を取ろうとしたところでストップがかかった。
どうやら自分のいないところで、「このタイミングで普通連休取る?」みたいなやり取りがあったらしく、それを人伝に聞いたことで、それがどうにも自分の癪に障って、相談するのも面倒くさくなって連休を諦めた。

5ヶ月で6人も人が入れ替わるような定着率の悪い職場で、繁忙期に残業して頑張って、他の人の休みを自分が出勤してカバーしたりしてたのに。

「なんでやねん...」

これについては、もう「なんでやねん」としか言いようがなく、諦めて休暇願を取り下げた。
業務遂行に貢献しているつもりだっただけに、なんとも悔しい。悔しすぎて家で発作が出た。

でも悔しかったことは寝て忘れ、お楽しみがあるその日が来るのを待ちたいと思う。

ソウルメイト

スピリチュアル系にどっぷりはまっているわけではないけど...気になるワードではある。

これまでたくさんの人と出会ってきた。
「一人の人が人生で出会う人数は何人なのか?」を
調べてみたら、諸説ありすぎてここでは割愛。

自分の場合は、環境がころころ変わるので、その度に出会い自体はある。

でも、基本人見知りなので「どんな人なのかな」と気になる人には、その人と他の人が話すのを観察してから、やっと話しかける。

価値観は違って当然、バックグラウンドもそれぞれだけど、どうせなら楽しく話せてお互い高め合えたら...
そんな希望をもちつつ連絡先を交換したりして、少しずつ自己開示しながら話すのだが、なかなか波長の合う人とは出会えない。

仕事上のつきあいと割りきって、結局聞き役に徹していたりする。
ある程度の自己開示をしたところで、相手が自分に興味があるのかないのか、自分のことを「自慢話する相手」と見ているのか、そのうちなんとなーく分かってくる。

それにしても世の中色んな人がいるもんだ。

自己肯定感の低い自分には、自分が思っていること全てを聞いてくれる人がいてくれると助かる。
なんの躊躇いもなく、意見を言えたら少しは楽やろなぁと思う。聞いてくれるだけでいい。

友達だと思っていたのに...的な"裏切り"を経験すると、そりゃ臆病にも人見知りにもなるよ。

心の奥底では人とのつながりを渇望していたとしても、どんな人と出会うかで病気になったりもするし...

それでもこれからも生きていれば、色んな出会いがあるんだろうな。

自分から話かけないと、誘わないと何も起こらない。

夏生まれとか関係ないし

まさかの熱中症で、ダウンした。
人の心配ばかりして睡眠不足もあったのに、完全に油断してた。

明日仕事に行きたくない。
猛烈に行きたくない。

ブルーライトからも目をそらして何もかもを投げ出したい。
エアコンの効いた部屋で高校野球を見ていたい。

でも現実は真逆。

仕事に行かねばならない、家事をこなさねばならない、細々したタスクがある、締切がある...
この「~せねばならない」思考が一番PDもちにとって良くないの分かってる。

全部この異常な暑さのせいにしてやりたい。

深夜24時の皿洗い

月の後半は仕事の締切に追いたてられる日々で、結果残業続きでどうしても家事が滞る傾向にある。
帰宅しても"最低限これだけはやっておかねば"タスクが待ち構えていて、玄関を開ける時の鍵の音はさながら「第2ラウンドー‼」のゴングのように聞こえる。

貧乏暇無しって本当イヤだ。

そこに来て、いつも飲んでいるPDの薬の副作用が「眠気、筋弛緩」なので、時々夕食後に睡魔に襲われリビングで行き倒れたり家事の途中で寝落ちしたりする。
...で、「今、何時?!」と飛び起きたりする。

理想は「1日休養、1日教養」だけど、今はそういう過ごし方と程遠く「2日とも休養」な週末がもう何週間も続いている。

今週もご多分に漏れず、になりそうだ。

近づく台風、休日明けの仕事のこと、お金(家計)のこと、何より自分の体調がすぐれないこと...
「なんとかなるよ」とポジティブにもっていきたいところだけど、何をするにもめんどくさいなぁ、休日くらい家事休ませてくれよ、なんだかとっても眠いんだ...とずるずるだらだらしていたが、現実問題誰かがやってくれる訳でもなく、タイトルに戻る。

生きている限り、食べるしその結果片付けもしないとダメだし仕方ないけど...
皿洗いにも自分なりに譲れないこだわりがあって、人には任せられないし、あいにく食洗機を置くスペースが充分に無いので自分がやるしかない。

日付が変わる頃に皿を洗ってすすぐ、その流れる水の音がどうにも自分にとっては何故か貧乏臭くて嫌で、いつもイヤホンで音楽を聴きながら(時には歌いながら)その時間をやり過ごす。

「今日もなんだかうまくこなせなかった...何で1日は24時間しかないんだろう?」とうなだれてみても何も変わらない。
効率の良い時間の使い方をせねばとは思うけど、急かされる感じが発作を引き起こしそうでたまらなく嫌で、自分を甘やかしてしまう。

でも今日のところは、うまくできなかった自分を許して一晩寝てネガティブ思考をリセットしよう。

そうじゃなきゃやってられへんわ。

3連休ねぇ...といってももう2日過ぎてた

まとめサイトだか、流れてきたツイートだったか「3連休は"何もしない"をする」とかいうのがあって、「ものは言い様やなぁ」とか思ったんだけど、自分はひねくれているので、それに対して逆に何か身構える感じがしてしまった。

そんな自分の3連休は結局何もしてないわけではなく、ただキラキラした予定がないだけだった。
(まだあと1日あるけど既に総括に入ってる...)

連休前は「普段忙しくて会えない誰かに会ったりしたいなぁ」、とか一瞬頭をよぎったんだけど段取りを考えるだけでダルくなってしまい引きこもることにした。

PD発症前と今では休日の過ごし方が全く違うことに、自分が一番びっくりしている。

でも自分くらいはそんな自分を肯定しないとやってられへんしなぁ...と、思いつくまま最低限の家事をし、次に読む本(電子書籍)を探しに行き、解説者気取りで高校野球の地区予選を見たりしていた。
それからとても暑いので、のど越し重視で冷たい飲み物ばっかり飲んだことを反省したりもしていた。

大して生産性のない過ごし方だけど、とりあえず自分の周りにいる人が誰も批判的じゃないので助かった。

最終日も多分おんなじ感じで過ぎて、月曜なのに夜になったらどっぷり「サザエさん症候群」なんやろな。

火曜日は暑さがましになってくれたらいいのにな。
でもきっとそんな淡い期待も強烈な朝日に「あっつ‼寝てられへんやん‼」と裏切られ、「社畜やから行くわ、行ったらええんやろ...」と諦めに変わる。

食欲があるうちは、多分まだ大丈夫だろうけど、薬が無くなったので病院に行かねばならないのが地味に憂鬱。なぜならかかりつけの病院は予約制ではないので、長時間待つ覚悟が必要だから。
でもDr.は色々話を聞いてくれるので、待合室で頓服飲んででも我慢して待つ覚悟なのだ。まぁ仕方ないか、と。